あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅は道づれ・・( 149 )


2007年 09月 11日

喜多方美術館へ

急に思い立って今、開催中の棟方志功展を観る為に喜多方美術館へ。
e0030924_17561543.jpg

今回の作品は富山県の南砺市立福光美術館所蔵の中から
板画(版画)、油彩画、書など65点が紹介されていました。
志功は疎開をしていた福光町で生涯を通して最も多く作品が作り出されたそうで
青森の棟方志功美術館では見られない作品ばかりでしたので
新鮮な気持で見る事が出来ました。
喜多方はラーメンと蔵の町で観光客も多い所。
美術館も蔵をイメージして造られ落ち着いた感じで作品を鑑賞できます。
e0030924_18283983.jpg

e0030924_1814405.jpg

美術館の前には飯豊山の伏流水が元気良く流れていました。
e0030924_1814563.jpg

ラーメンも日本酒もこの水を使用するので美味しいのでしょうね。
[PR]

by akera_s | 2007-09-11 18:16 | 旅は道づれ・・ | Comments(6)
2007年 09月 05日

東京へ

昨日は少し苦手な東京へ若い友人Tさん・Kさんと出かけてきました。
往きは高速バスで4時間かけて。
目的は友人である長野のIさんの裂き織教室の生徒さんたちの作品展を見せて頂くために。
生徒さんと言いましても皆さん10年以上織り続けている方ばかりなので作品を見るのが
とても楽しみでルンルンと出かけてきました。
e0030924_1154239.jpg

会場に着き扉を開けるとそこには今までに目にした事のない斬新な裂き織の作品が
飾られていてさすが、さすがの驚きでした。
e0030924_11572391.jpg
e0030924_11574061.jpg
e0030924_11575881.jpg

このようにデザインされた裂き織の作品、ステキに活けられた花、そしてIさんと生徒さんの
笑顔に迎えられ気持ち良く作品を見る事が出来ました。
その後昼食を食べて東急ハンズへ。
作品に使う物を購入しKさんとはここから別行動。
Tさんとブリジストン美術館へ。
夏の特別展示の青木繁の6作品、中でも海の幸は力強く私の心にもその強さが
入り込んできてくれたように感じました。
常設展示も素晴らしい絵や彫刻ばかりで十分に堪能できました。
帰りにまた裂き織展の会場に顔を出しIさんとお茶を飲んでから
新幹線で戻ってきました。
今朝早く駅まで送ってくれましたNさん御夫妻ありがとうございました。
裂き織展は
東京と中央区京橋1-1-9
千疋屋ギャラリー
9月3日~9月8日まで開催されてます
もしお時間のある方、近くまでお出かけの予定のある方は
是非足を運んでみてください。心癒されると思います。
[PR]

by akera_s | 2007-09-05 13:37 | 旅は道づれ・・ | Comments(4)
2007年 08月 24日

山都へ・・・・3

山都から柳津の斉藤清美術館へ。
今、斉藤清生誕100年記念「墨画と版画」展が開催されています。
e0030924_1665643.jpg

今回初めて目にする作品も多く楽しく見ることが出来ました。
e0030924_1682630.jpg

ホールの大きな窓からは柳津国蔵尊を見ることが出来ます。
隣には道の駅がありまして会津の赤べこがお出迎いをしてくれます。
e0030924_16114592.jpg

もしかしてこの赤べこ友人のKさんの会社で製作したものかもなんて
話しながら、カメラに納めてきました。
帰りは高速で猪苗代まで行きまして珈琲を飲んでから我が家へと言うことに。
何時も会津方面に出かけた帰りに寄りますタローカフェに。
私はカフェラテを頂きました。
e0030924_16172870.jpg

今回の山都への日帰り旅は中身の濃い旅でした。
[PR]

by akera_s | 2007-08-24 16:21 | 旅は道づれ・・ | Comments(6)
2007年 08月 23日

山都へ・・・・2

熊野神社を後に今回一番の目的でもあるTさんの待つ山都へ。
車を走らせること30分、着きました。
Tさんと愛犬トム君が迎えてくれる。
そして時間は昼時、直ぐにTさんと一緒にお蕎麦屋さんへと向う。
メニューの中から天ざるを注文。
最初に水蕎麦が出てきました。
私、水蕎麦は初めての体験、蕎麦の素の味を味わう為に出される物。
e0030924_17545738.jpg

e0030924_17271258.jpg

蕎麦は口に含むと香りが広がりつゆも蕎麦に絡み合って美味しかったです。
e0030924_17273238.jpg

天婦羅は写真を写す前にお腹の中に入ってしまった物も中々のボリューム。
特別サービスでこんにゃく刺身と天婦羅饅頭が登場。
e0030924_17355120.jpg
e0030924_17361371.jpg

こんにゃく刺身はぷりぷり、天婦羅饅頭は揚げたてなので
皮がカッりとしてこれまた美味しかった。
全員お腹満腹でTさん宅で食休みをさせて頂きながら楽しくお話しを。
話は尽きながソロソロお暇の時間。
Tさんと御主人、トム君に見送られて次の目的地、柳津に向う。
Tさん御主人お忙しいのにお邪魔しましてしまいましたが本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
[PR]

by akera_s | 2007-08-23 17:51 | 旅は道づれ・・ | Comments(4)
2007年 08月 22日

山都まで

昨日はAKERA倶楽部のNさん、Tさん、夫の4人で喜多方市の山都まで出かけてきました。
目的は蕎麦?もありますが、AKERA倶楽部員のTさんにお会いする為に。
ご主人の転勤で山都に移られてからは月1回のペースで陶芸に通ってきます。
そこで何時も着ていただくのだからお返しに訪ねようと出かけたわけです。
9時半出発、高速は使わずにのんびりと。
途中、寄り道が得意な私達は新宮の熊の神社の長床を見ることに。
e0030924_13242792.jpg
e0030924_13335238.jpg

e0030924_13485696.jpg

長床は木太い柱の配列が特徴で直径45.4センチの円柱44本が
303センチの等間隔に5列に並び四方が吹き抜けになっており、林立する太い柱が
見通されて平安期の空気が今だそこに流れているように感じます。
長床は国の重要文化財に指定され当初は拝殿として建てられたようです。
e0030924_13493813.jpg

直ぐ傍に周囲7メートルの大イチョウが長床を見守っているようです。
秋にはこのイチョウが綺麗に色付き黄色の絨毯を引きつめたようになる風景は
秋の風物詩になっており毎年テレビで放映されます。
十分に贅沢な時を過ごしましたし、Tさんも首を長くして待っていてくれるだろうし
そろそろ山都へ向う事に致しましょう。
[PR]

by akera_s | 2007-08-22 14:05 | 旅は道づれ・・ | Comments(6)
2007年 06月 06日

東京へ

昨日、友人のIさんの作品展を見に東京へ行って来ました。
勿論一人で・・・と言いたい所ですが、私、東京はめっきり弱くて
保護者つきでした。保護者になってくれましたのは友人のNさん。
作品会場は柿の木坂、新幹線と電車を乗り継いで無事到着。
どう考えても一人でこれる場所ではありませんでした。
会場に入った瞬間、ウッワーの一言でした。
e0030924_1349179.jpg

相変わらず素晴らしい作品と作品の飾り方には度肝を抜かれました。
ゆっくりと見せて頂き、少しだけ7月の5人展の話し合いをし会場を後にしました。
人の多さに人酔いしながらもNさんと生地やさんを覗いたりしながら東京を楽しんできました。
忙しいのに保護者を引き受けてくれたNさん、素晴らしい作品を見せてくれたIさんに
心から感謝いたします。
[PR]

by akera_s | 2007-06-06 13:59 | 旅は道づれ・・ | Comments(2)
2007年 05月 15日

AKERA研修の旅・・・3

笠間稲荷神社を後にワクワクドキドキしながら茨城県立陶芸美術館へ。
人間国宝「三輪寿雪」の世界展を見るために。
e0030924_1840304.jpg

萩焼400年の伝統を継承しながら独創性溢れる作風で
新境地を拓いた三輪寿雪の大回顧展。
鬼萩、白萩、赤萩、萩焼の抹茶碗、花入れ、陶箱、皿、鉢など191点の作品が
見る者の心を離さない素晴らしい作品でした。
この余韻を味わいながら回廊ギャラリー門へ。
e0030924_18501261.jpg

ここは庭を建物でぐるりと囲ったように作られていて、陶器をメインに
ガラス、箸、ふきん等がセンス良く飾られていて楽しいお店でした。
次は北大路魯山人ゆかりの春風万里荘へ
e0030924_18583659.jpg

ここで感動したのは馬屋を洋室に、床は柱を輪切りにした物が貼られていまして
Hさんがフローリングの原点なのだと教えてくれました、納得。
最後に向ったのは昨年も珈琲タイムにと寄りました益子のスターネット。
e0030924_194511.jpg

お店の感じが昨年とは変わっていましたが珈琲の味は同じでした。
ここで一休みをして無事戻ってきました。
皆さん、特に運転をしてくださいましたKさんお疲れ様でした。
[PR]

by akera_s | 2007-05-15 19:08 | 旅は道づれ・・ | Comments(2)
2007年 05月 14日

AKERA倶楽部研修の旅・・・2

日本三大稲荷の一つでも知られている笠間稲荷神社に参拝を。
e0030924_14133016.jpg

鳥居をくぐると両脇で狐がおでむかいをしてくれる。
e0030924_14162128.jpg

そして本殿へ
e0030924_1417347.jpg

健康と旅の無事を祈り奥の院へ。
ここで驚きました、本殿は新しい建物ですが奥の院の建物は
見事な彫刻がされている軒の張りや戸びらでした。
e0030924_14185078.jpg

先人の職人技に感心しながら次の目的の場所、茨城県立陶芸美術館に向う。
[PR]

by akera_s | 2007-05-14 14:33 | 旅は道づれ・・ | Comments(2)
2007年 05月 13日

AKERA倶楽部研修の旅・・・1

昨日はAKERA倶楽部の研修を兼ね笠間の方まで出かけてきました。
総勢11名、kさん運転の中型バスで出発です。
途中、Y町でTさんと合流した後は高速道路で宇都宮まで。
上河内サービスエリアで見つけたツバメの巣、たくましいですね。
e0030924_1813331.jpg

車中で楽しい話をしているうちに笠間市に到着。
まずは腹ごしらえをしてからと言う事でHさんが探してくれた「むぎとろ量深」へ。
e0030924_18243282.jpg

Iさんが全員席につけるか交渉中。
11人なので席は2箇所になりましたが、お膳は同じ物を。
e0030924_1831420.jpg

サッパリとして美味しかったです。
実は食べる前に席の準備に時間がかかる為
笠間稲荷神社を先に見学する事になりましたがその様子は明日お知らせします。


今日は母の日で息子夫婦が花を抱えてやってきました。
e0030924_1838233.jpg

少し暗めの我が家にはピッタリの花、ブーゲンビリヤです。
蕾が沢山なので暫く楽しめそうです、ありがとう。
[PR]

by akera_s | 2007-05-13 18:45 | 旅は道づれ・・ | Comments(2)
2007年 04月 19日

新潟へ・・・2

北方文化博物館敷地内にあるレストランで昼食をすませて新潟市美術館へ向う。
いよいよ「青山二郎の眼」展。
e0030924_16355082.jpg

館内は平日とあって、ゆったりと見ることが出来ました。
e0030924_16372390.jpg
e0030924_16373518.jpg

10代半ばから「やきもの」に興味を持中国古陶磁を求め、
[天才的な審美眼」を賞賛されたという逸話を持ち20代で柳宗悦が提唱する
民芸運動の発足にも関与した人物、青山二郎にまつわる作品205点が
「鑑賞陶器」「朝鮮考」「骨董」「装幀家、青山二郎とその交流」の全4章に分けて展示され
青山二郎の眼を通して作品を見ることが出来今までと違った目線で見れたのが
とても面白く感動でした。


話はがらりと変わりますが、昨日、山から庭にある杉木にムササビが飛んできました。
生まれて初めて目にしましたので、最初は何が飛んできたのとビックリしました。
また会いたいな~~~、ムササビ君今度はゆっくり遊びにきてね。
[PR]

by akera_s | 2007-04-19 17:08 | 旅は道づれ・・ | Comments(2)