あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 19日

友人

友人以上姉妹未満?いや姉妹以上の友人とは
息子同士が同じクラスになったことで知り合った
逢瀬に来てからは会う機会もグッと少なくなってしまったが
心で繋がっていると私は勝手に思っている。
昨日久々に訪れた友人宅の玄関で出迎えてくれたタペストリーは
彼女をイメージして刺したもの
e0030924_08454792.jpg
私が子育てや日常の出来事〈かなり色々ありました〉で悩み苦しんでいる時
優しく時には厳しく前に前に導いてくれ今の私の生き方に多大な影響を与え
こぎん刺しを独学でやっていくと決めたときも心強い後押しがあり
それから今でも私を見続けてくれています。

楽しい思い出も数知れず
中でも忘れられないのが山形の山寺立石寺へ行った時の事
彼女はそのころ膝が悪く階段を上るには自信がない
でも行けるところまで行こうと上がり始め
途中で「力玉こんにゃく」を食べたり休んだりしながら
とうとう一番上の舞台作りの五大堂へ二人で感動のハグ
上がるより下りは膝に負担がかかるので気をつけながら
駐車場に着いた時は本当に良かったねと言いながら
彼女が作った弁当を広げ美味しく食べながらたっぷりの笑顔を
見せあうことが出来ました。
戻る途中サクランボ狩りをしたいと言う彼女の言葉は時間切れで
却下し無事帰ってきました。
次の日兄から届いたサクランボを持って
「サクランボは貰って食べるものだよ」と渡しながら大笑い。
サクランボの季節になると思い出す
今でも彼女からあの時サクランボ狩りがしたかったと
笑いながら言われる。
昨日はAKERA展を10回続けられた感謝の気持ちを伝えながら
思い出話に花が咲き時間はあっという間でした。


[PR]

by akera_s | 2018-06-19 09:32 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by kurumi-kyoko at 2018-06-19 15:36
あっと言う間に感じられ時間良かったですよね。
人と人、波長の合う人はそう多くは居ないですよね。
又元気になったのでは?
Commented by akera_s at 2018-06-19 20:28
kurumi-kyoukoさんへ
愚痴も涙もない笑顔と笑い時間は
初めてかもしれません。
こんな時もあるのだとうれしくなりましたが
これも年を重ねたからなのでしょうね。
また逢う時まで沢山の楽しいを貯金しておこうと
思いました。


<< 届いた~~~      白と黄色 >>