<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 31日

雪が

朝、目に入った雪景色。
e0030924_8501840.jpg
e0030924_8503880.jpg

ここの所寒い日が続いていましたが昨夜は一寸冷え込みが増してました。
この冷え込みで桜もビックリして蕾を硬くしてしまったかも?
[PR]

by akera_s | 2008-03-31 08:54 | 日々の暮らし | Comments(6)
2008年 03月 25日

山の椎茸

3年前と2年前に原木に菌を埋め込んだ椎茸が顔を出し始めました。
裏山に並べられた椎茸は暑い日も寒い日もじっとここで顔を出す時期を待っていましたが
我慢できずに一気に出てきたようにも見えます。
e0030924_11335273.jpg

椎茸は春が旬!!。
これから毎日食卓に顔を出しそうです。
[PR]

by akera_s | 2008-03-25 11:36 | 日々の暮らし | Comments(10)
2008年 03月 22日

オープンカフェを

今日は朝から暖かで素晴らしい青空
そこで今年初めてのオープンカフェと行きましょうか。
e0030924_17141165.jpg

午前中は夫とテーブルは植木鉢に板を載せ即席で
e0030924_17142810.jpg

午後はテーブルも準備してNさんのお持たせのお菓子をそえて
e0030924_17144479.jpg

3人でゆったりと時間をかけて珈琲を頂く贅沢な時間を味わいました。
[PR]

by akera_s | 2008-03-22 17:33 | 日々の暮らし | Comments(6)
2008年 03月 21日

寒河江まで

今日は作品展の打ち合わせに山形の寒河江まで新幹線で出かけてきました。
天気も良く車窓から見る景色も何となく春めいてきました。
e0030924_19544659.jpg

山形まで行くには板谷峠を越えるのですが今では技術が向上したので
スイッチバックをしないで峠越えが出来るようになりました。
以前は4箇所スイッチバックをしながら越えたという遺構を見ながらの峠越えは
新幹線とは言えどエッと驚くほどゆっくりの走りで、これがまた楽しい。
山形で左沢(あてらざわ)線に乗り換えて寒河江まで。
駅構内で寒河江市の名産や工芸品などを飾って販売しているコーナーがありまして
そこを取りまとめているのが友人でもあるIさん。
IさんとHさんとそこで待ち合わせ、お互い元気でいた事を喜びあって直ぐに
打ち合わせに入る。
打ち合わせをしながら昼食を頂いたり、お茶を頂いたり、近況報告をしたりとめまぐるしく
展開しまして午後2時の電車で我が家へと。
会場に可愛い押し花のお雛様が飾られていましたのでパチリ。
e0030924_2017066.jpg

[PR]

by akera_s | 2008-03-21 20:19 | 旅は道づれ・・ | Comments(0)
2008年 03月 20日

鶯が鳴きました

昨日の朝、そして今朝と鶯が鳴きました。
あまり上手とはいえない鳴き方(まだ若い鶯かな?)ですが春を運んで来てくれたのでしょう。
日当たりの良いところの梅木は満開です。
e0030924_15334710.jpg

これから毎朝、鶯の鳴き声で目が覚めるのかと思うと嬉しいな。
上手でない鳴き方が毎日鳴く事で上手く鳴けるようになるのだと思うと
コレもまた楽しみである。
[PR]

by akera_s | 2008-03-20 15:42 | 日々の暮らし | Comments(2)
2008年 03月 19日

アンカー展とタペストリー

昨日はお墓参りをした後に美術館に寄る。
スイス生まれの画家アンカーの「故郷スイスの村のぬくもり・アンカー展」を見るために。
e0030924_1414629.jpg
e0030924_142338.jpg

会場に入るとそこには何ともいえぬ温もりが伝わってくる絵が。
子供がおじいさん、おばあさんと過ごしている絵からは楽しい話が聞こえてくるよう。
そして編み物、裁縫をしている子供の絵、
幼い子を優しい笑顔で世話をしている子供の絵、子供が楽しく遊んでいる絵、
アンカーの絵からは子供が遊びや姉妹のお世話、祖父母とのふれあいの中から
知識や教養が自然と押し付けられることなく身につけていく成りが感じられました。
こんなにも温かで凛とした作品に出会えて幸せな1日でした。
そして今日はSさんから頼まれておりましたタペストリーが仕上がりましたので届けてきました。
e0030924_1613350.jpg

Sさんの家族の雰囲気をこぎんで出す事が出来ればと思いながら刺しました。
気に入って頂けるかと心配でしたが喜んで頂けたようでホッとしました。
タペストリーがSさんの家に馴染む頃にまたお邪魔させて頂こうかな。
[PR]

by akera_s | 2008-03-19 16:24 | こぎんざし | Comments(6)
2008年 03月 14日

カルチャーパーク・再オープン

2月に行なわれた親子陶芸教室の作品展が15日・16日の2日間、カルチャーパークの
再オープンの行事の中に取り入れられて開催します。
e0030924_18201143.jpg

皆さんの作品と共にAKERA倶楽部の作品も展示販売させていただく事に。
その飾り付けをしている会場からは遊具の点検や園内の清掃などの為、
職員の方々が忙しそうに動いているのが見えました。
今まで冬眠していた遊具が一斉に目を覚ましたかのようです。
e0030924_18253921.jpg
e0030924_18255753.jpg

明日はこの日を楽しみにしていた子供たちの元気な声が園内中に響き
賑やかなのだろうと思うと何かワクワクしてきました。
飾り付けを終わり近くの市場食堂で昼食を。
夫が食べた日替わり定食は焼き魚でした。
e0030924_18331840.jpg

Kさん・Tさんと私は海鮮丼を食べたのですが写真を写すの忘れました。
美味しかったですよ。
[PR]

by akera_s | 2008-03-14 18:39 | AKERA | Comments(4)
2008年 03月 10日

コンサート

昨日はAさんご夫妻に誘われて隣町の三春(滝桜で有名)まで
お筝と尺八のデュオリサイタルに出かけてきました。
e0030924_9582999.jpg

お筝の吉田さんは地元の方、尺八の松田さんは鬼太鼓座の座長をされている方。
前半は日本伝統の音色をじっくりと聴かせてくれました。
後半は衣装も変わりとても軽快な感じで弾いていて心もウキウキしてきました。
そして尺八と太鼓の三春をイメージした演奏、剣玉まで楽器にしてしまう太鼓奏者の方には
会場から大きな拍手が。
最後の演奏は「賛歌」と言う曲を筝と尺八で聴かせてくれました、感動!!。
こんなに素晴らしい演奏をされる方か近くにいらっしゃったのだと思うと我が県も
捨てた物ではないな~~と改めて好きになりました。
小さな城下町で懸命にお筝の活動をされている吉田さんに大きな拍手を送りたい。
三春にはこれから桜、梅、桃が一気に咲き誇る季節がやってきます。
花見をしている時もしかしてお筝の音色が流れてくるかも。
[PR]

by akera_s | 2008-03-10 10:11 | 日々の暮らし | Comments(8)
2008年 03月 09日

大人の休日・・・3

5日の朝はHさんが仕事なのでお見送りをしてから私はゆっくりとさせて頂いてから
バスで街中まで後はゆっくりと散策しながら駅に。楽しい2日間を過ごし心置きなく我が家へと。
そして休日3日目の3月6日は東京へ。
東京駅で息子と待ち合わせて私の目的地まで付き合ってもらう。(東京が苦手な私なので)
途中御茶ノ水でニコライ堂と大聖堂、神田明神を案内してもらいながら
息子との良い時間を過ごす事ができました。
ニコライ堂はロシア建築を取り入れた建物だそうです。
e0030924_10395320.jpg

神田明神は銭形平次でお馴染みの場所。
e0030924_10401777.jpg

次は今回の目的地である小石川へ。(ここで息子とさよなら)
青森の南部菱ざしをされています天羽さんの作品展会場に、友人のIさん、Aさんが
先にお出でになってました。素晴らしい総ざしの帯やタペストリーは圧巻でした。
天羽さんから菱ざしに対する思いや針を持つ事の重みのあるお話を聞く事ができました。
私のこぎんに対する姿勢はこれで良いのかと自分に問いかけながら会場を後にしました。
三島の工人祭りでの仲間がお店を出されたので3人で江東区の方へ移動。
e0030924_10574018.jpg

大島4丁目にあるお店、陶器はご自分で作られた物
後はお知り合いの作家さんの漆や木の器などがシンプルに飾られていていました。
この後もギャラリー巡りをしながら自分達の作品展の打ち合わせもし
夕方に各自帰路へと電車に乗り込みました。
今回の休日に当たりお世話してくれた方にお礼申し上げます。
[PR]

by akera_s | 2008-03-09 11:17 | 旅は道づれ・・ | Comments(4)
2008年 03月 08日

大人の休日・・・2

八戸駅からスーパー白鳥に乗り青森へ。
途中野辺地の辺りは吹雪いて降りましたが浅虫温泉を通過する頃は
陸奥湾に陽が射し海が綺麗でした。
e0030924_17103956.jpg

青森に到着、風は冷たいがお天気が良いし少し街中をぶらぶらする事に。
e0030924_17132788.jpg

工芸店や駅前の市場を覗き楽しんだ後はバスで友人Hさん宅へ向う。
大好きな文学の小路は雪がまだまだ沢山残っていました。
e0030924_17143989.jpg

Hさんとの再会は久し振り、夕食はHさんのお知り合いのフランス料理の?エルさんで。
e0030924_17242390.jpg

コースで頂きましたがフランスの家庭料理、オーナーご夫婦は控えめで温かな方なので
気取らずに思う存分美味しく頂く事が出来ました。
二人のお話は家に戻って夜遅くまで続きましたがSさんは次の日も仕事なので休む事に。
私も次の朝、また新幹線を乗り継いで自宅へ。
また明日もお付き合いください。
[PR]

by akera_s | 2008-03-08 17:48 | 旅は道づれ・・ | Comments(4)