あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こぎんざし( 254 )


2007年 03月 04日

引き出しの中

こぎん刺しの作品は薬屋さんで使われていましたこの箪笥の中に入っています。
e0030924_15204443.jpg

我が家はかなりの古さで、すすや埃が凄いので作品が汚れるのを防ぐ為。
e0030924_15231292.jpg
e0030924_15232285.jpg

ただし暖簾、タペストリー、テーブルセンターなど幅の広い物は無理なので
巾着、バック、ポーチ、印鑑入れなどのような物だけが入っています。
引き出しを開けて見るのが楽しいと言ってくださるお客様もお出でになりますので
これからも引き出しを開けた時に感動して頂けるような作品を入れていける様
仲間と努力をしていきたいと思います。
[PR]

by akera_s | 2007-03-04 15:32 | こぎんざし | Comments(4)
2007年 01月 24日

変身させます

この籠は山葡萄の皮で編んだ物です。
(県内で編み組み細工をしていますNさんの作品です)
e0030924_102416.jpg

この籠にこぎん刺しをした物を取り付けまして巾着に仕上げます。
e0030924_10255281.jpg

こんな感じの巾着になります。
今から刺し始めますがどの位で仕上がりますか
乞うご期待と言った所でしょうか。
注文いただきましたOさんもう暫くお待ちください。
[PR]

by akera_s | 2007-01-24 10:17 | こぎんざし | Comments(4)
2007年 01月 16日

準備完了

今までこぎん刺しをするのにピッタリの高さのテーブルが
中々見つからなくて探していましたが見つからないので
周りにあるもので組み立ててみました。
テーブルの足には古い引き出しのない箪笥、天版はこれも古いのし板。
e0030924_17572163.jpg

e0030924_17451143.jpg

高さも広さも中々良いようです。
暫くはこの机を利用して作品作りに勢を出すことにしましょうか。
[PR]

by akera_s | 2007-01-16 17:50 | こぎんざし | Comments(2)
2007年 01月 08日

ゆっくりと

昨年から刺しておりましたタペストリーが仕上がりました。
e0030924_15294441.jpg

布が厚手なので毛糸針のような太目の針で刺しましたが、
針も糸も太い分、刺しづらく指が疲れます。中指に指貫のような針当てをはめて
ひたすら針を動かしました。
全体を映したいのですが作品展用なのでほんの1部だけでゴメンナサイ。
6日から悪天候でしたがこんな時は逆に落ち着いて刺す事に専念できます。
e0030924_15394076.jpg

今は強風もやんでしんしんと雪が降っています。
こぎん刺しは冬の仕事、これから春が来るまで刺し続けます。
[PR]

by akera_s | 2007-01-08 15:42 | こぎんざし | Comments(2)
2006年 11月 10日

鳥の巣を

朝から夫と庭の冬支度を。
まずは山の斜面から始めました。かなりの急斜面で大変です。
夫は草刈機を持って上から竹などを切ってきます。
私は鎌を片手に下から草を刈っていきます。滑らないようにしながらなので
結構足腰に力が入り重労働。
中腹の所で見つけました鳥の巣。
e0030924_1617446.jpg

どんな鳥がここで子育てをしたのでしょうか?蛇の被害に遭わなかったかしらなんて
考えながら、上がったり下がったりしながらやっと終わりましたらお昼でした。
夫と下から眺め、あまり代わり映えがしないね~~~。
でもこれが限界です、私達には。
どれだけ急斜面かと言いますとこんな感じです。
e0030924_16254059.jpg

急斜面の中間から撮ってみました。今日はこれで終了です。
[PR]

by akera_s | 2006-11-10 16:29 | こぎんざし | Comments(4)
2006年 07月 25日

寒河江市へ

昨日、寒河江市(山形県)に行ってまいりました。朝から雨でしたが
仕事での約束がありましたので片道3時間かけての一人ドライブを楽しみながら。
栗子峠は山水画のような霧がかかって何とも言えない景色でした。
寒河江のIさん宅に着いたのは予定どうり9時半。久し振りの再会に話しが弾む。
仕事の話も済んで、Hさんを誘っての昼食。
駅前にあるIさんのギャラリーの隣の蕎麦屋さんで食べる事に。
蕎麦やさんですが冷やしラーメンが美味しいとゆうのでそれを食べる事にしました。
e0030924_1555254.jpg

初めて食べるので楽しみ、美味しい!!、最後にスープを頂くとおろしとスープが絡み合い
いい味になってます。
Iさんのギャラリーに戻り3人でまたまた話が盛り上がる。でも、そろそろ帰りの時間が
その前に毎年6月末から7月始めに寒河江の花咲フェアが開かれている会場に
案内していただくことに。
e0030924_166359.jpg

沢山の種類の花が咲いていて綺麗でした。
お互い話し足りないのですが、10月1日にまたの約束をして戻ってまいりました。
雨は相変わらず降ってました。晴れ女なのにパワー不足かな?。
[PR]

by akera_s | 2006-07-25 16:15 | こぎんざし | Comments(2)
2006年 02月 20日

秘密兵器?

こぎん刺しをする時に、これが無いと不便を感じる事がある。最近は特にはなせない。
年齢のせいかな。
e0030924_137478.jpg

グラフ用紙に模様を起こしてそれを見ながら刺していくのですが、この定規と磁器マットが
有ると無いとでは仕事の進み具合がちがいます。模様が複雑であればあるほど頭に
模様がインプットされるまでの間これが必要になる訳です。一段ごと定規をずらして書いて
ある模様を布に刺していきます。大作を刺す時などは最後の頃には模様が頭にしっかりと
こびりついてしまいますので、あまり必要ではありません。
一つの作品が刺し終わり、次の作品に取り掛かる時、頭の中と指先が前の模様を覚えて
いるので、切り替えるのにチョコット時間がかかりますし、この私にとっての秘密兵器が
必要となる訳です。
[PR]

by akera_s | 2006-02-20 13:35 | こぎんざし | Comments(2)
2006年 01月 29日

生地が届きました

こぎん刺しの生地が届きました。
e0030924_13293864.jpg

注文しておりました麻の生地です。4月に作品展の予定がありその時に色々な作品に
なって会場に飾られます。どんな作品になるかは内緒ですが、今はひたすら生地と
にらめっこ状態です。寝ても覚めても頭の中はこぎんのことばかりでこうしてパソコンに
向かっていながらも模様などがチラついています。良い作品を作るには丁寧に針を
動かす事、これしかないですね。
[PR]

by akera_s | 2006-01-29 13:48 | こぎんざし | Comments(0)
2006年 01月 16日

青森のこぎん刺し

e0030924_17382217.jpg

今日は青森のこぎん研究所の作品展がラボットで行われているのでNさんと見に行く。
会場に沢山の作品が並べられていた。
何時も青森に出かけては見させていただいてるので郡山で見れるのは嬉しい。
こぎんを刺してる者としては地元青森の方が刺しているこぎんには大いに勉強
させてもらえる。針目がとても綺麗で、糸の引き具合が良く模様の応用がすばらしい。
やはり地元の方にはかなわない。降参しますと言いたい所ですが、そう簡単に降参は
出来ない。今まで10数年やってきたし布も糸も山ほど購入してあるのだから。
良い刺激になりました。自分を振るい立たせて良い作品作りにつなげます。
(写真の作品はこぎんを始めた頃に参考にと青森に勉強に出かけた時、購入した
四方センターです、こぎん研究所の作品です。)
[PR]

by akera_s | 2006-01-16 18:06 | こぎんざし | Comments(0)
2005年 11月 27日

無事終了

e0030924_19205920.jpg

11月19日のオープニングパーティーから今日まで長いようで短かった作品展が無事終了。
お蔭様で大勢の方に見て頂きました。沢山の出会いもありました。こんなに楽しんでしまって
いいのかと思える程楽しんでしまいました。これもO先生ご夫妻を初め、仲間のNさん、Tさん
そして我が夫等大勢の方の協力があったからだと感謝の気持ちで一杯です。
今は快い疲れと感動でパソコンに向かっています。また明日からこぎんを刺し始め少しでも
良い作品を作りたいと思っていますが、結構グダーッと炬燵にもぐりこんでるかもしれません。
ここで時間を作ってお出で頂きました方々に心から感謝申し上げます。本当にありがとうござい
ました。今日の写真はアトリエ蔵の中の様子です。
[PR]

by akera_s | 2005-11-27 20:08 | こぎんざし | Comments(0)