「ほっ」と。キャンペーン
2008年 03月 19日

アンカー展とタペストリー

昨日はお墓参りをした後に美術館に寄る。
スイス生まれの画家アンカーの「故郷スイスの村のぬくもり・アンカー展」を見るために。
e0030924_1414629.jpg
e0030924_142338.jpg

会場に入るとそこには何ともいえぬ温もりが伝わってくる絵が。
子供がおじいさん、おばあさんと過ごしている絵からは楽しい話が聞こえてくるよう。
そして編み物、裁縫をしている子供の絵、
幼い子を優しい笑顔で世話をしている子供の絵、子供が楽しく遊んでいる絵、
アンカーの絵からは子供が遊びや姉妹のお世話、祖父母とのふれあいの中から
知識や教養が自然と押し付けられることなく身につけていく成りが感じられました。
こんなにも温かで凛とした作品に出会えて幸せな1日でした。
そして今日はSさんから頼まれておりましたタペストリーが仕上がりましたので届けてきました。
e0030924_1613350.jpg

Sさんの家族の雰囲気をこぎんで出す事が出来ればと思いながら刺しました。
気に入って頂けるかと心配でしたが喜んで頂けたようでホッとしました。
タペストリーがSさんの家に馴染む頃にまたお邪魔させて頂こうかな。
[PR]

by akera_s | 2008-03-19 16:24 | こぎんざし | Comments(6)
Commented by marri at 2008-03-19 20:35 x
アンカーって「岩崎ちひろ」と良く似てますね。
一口で言えば、ほのぼのとした家族愛って感じの人でしょうか?
そのように感じられます。
お会いしたこと有りませんが。。。貴女ってそんな人じゃァ無いでしょうか?
ソーゾーの世界では、そのように受け止めているワタクスですが!
Commented by ナガサワ at 2008-03-20 09:45 x
H.P いつも楽しく拝見させていただいてます。
ようやく、春めいてきて、ウキウキしてます。
春の香りが食卓に上るのも、そろそろでしょうか。
あけらさんは、色んなものを見て、刺激を受けていらっしゃるんですね。
私や母は、素朴な芸術作品や皆さんが手作りなさった作品を見るのが
大好きで、あけらさん程ではありませんが、色々出かけてます。
23日の金繕い教室で、あけらさんが見たもののお話も聞きたいです。
楽しみにしてます。
Commented by akera_s at 2008-03-20 13:59
marriさんへ
ほんわかとした何とも言えぬ気持にさせられた作品でした。
marriさんがソーゾーしているような人間ではありませんよ私。
会ったらビックリでそしてがっかりするでしょうキッと。
そんな私でも良かった是非会ってください。
Commented by akera_s at 2008-03-20 14:04
ナガサワさまへ
何時もありがとうございます。
ようやく春がやってきましたね、我が家の梅も満開です。
23日また皆さんとお会いするのを楽しみにお待ちしております。
Commented by mamarinn at 2008-03-20 14:48 x
私、絵のことにはまったく疎くて・・・・・・
こぎん刺しのタペストリー落ち着いた感じの素敵なのが出来ましたね。
ご苦労様でした。私にはまねが出来ません。
Commented by akera_s at 2008-03-20 15:29
mamarinnさんへ
私も絵のことはあまり知らないのですが
見るのが好きなんです。
タペストリー、布目が不ぞろいなので結構刺しづらいのですが
それが逆に面白いと言うことでもありまして楽しんで刺しました。


<< 鶯が鳴きました      カルチャーパーク・再オープン >>