あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 07日

愛用の老眼鏡

愛用の老眼鏡は私の体の一部になっています。
e0030924_16523867.jpg

老眼鏡が無ければ新聞や本は読めない、パソコンにも向えない、
勿論こぎん刺しも出来ない。
老眼鏡を初めて作った時からフレームは同じ物でもう15~6年使用。
レンズだけがドンドン進んで何回か交換、キッとこれからもこのフレームでと思っています。
最初に作る時とても抵抗がありましてフレームだけでも若向きでと
サングラスのレンズを外してもらい老眼のレンズを入れてもらいました。
[PR]

by akera_s | 2007-06-07 17:02 | 日々の暮らし | Comments(4)
Commented by agepon88 at 2007-06-08 08:21
私も老眼鏡無しでは生きて行けなくなりました・・(笑)
丸いフレームはakeraさんのトレードマークですよね。
私もakeraさんの真似っこして丸いモノにしました。(^o^)丿
Commented by jaja at 2007-06-08 12:05 x
そもそも近眼だったので、近くを見るときにメガネが邪魔になりました(笑)
メガネがいるのは外出のときだけ(特にクルマの運転)。
この分で行くと、近いうちに運転のときも近眼メガネがいらなくなりそうで・・・ww
Commented by akera_s at 2007-06-08 20:29
ageponさんへ
老眼鏡をかけないと生きて行けないのは本当に不便ですが
見えなくて良かったと言う時もあるのでコレはこれで良いかですね。
ageponさんも老眼鏡をかけ始めて約1年ですよね、
すっかりと目のほうは仲間に入ってしまいましたね。
なるべく度が進まないように気をつけてください。
Commented by akera_s at 2007-06-08 20:34
jajaさんへ
老眼鏡が要らないのは羨ましいです。
私は乱視もはいり普通は遠近両用の眼鏡をかけてますが
こぎんをする時はこの眼鏡が離せません。不便ですが仕方がないと
眼鏡を楽しむことにしています。


<< ご無沙汰してました      東京へ >>