2007年 03月 15日

糸はここへ

こぎん刺しの糸はこの引き出しに収納しています。
e0030924_2016369.jpg

10年前になりますか、骨董屋で見つけ糸を収納するにはピッタリと思い
骨董屋のご主人と値段の交渉を楽しんだ後に買い求めました。
高価な物ではありませんが私に取りましては無くてはならない引き出し。
糸は染色をされている専門の方にお願いしています。
そんな糸たちが愛おしくこの中で作品になるまでゆっくりとしてもらってます。
[PR]

by akera_s | 2007-03-15 20:29 | 日々の暮らし | Comments(0)


<< お茶と珈琲豆は      一味作りの準備 >>