あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 09日

吉・・が

吉幾三の「歌って笑って45周年」を放映していた
彼の歌を聴くと青森に行きたくなる
そして車で行くときは必ずCDを聴きながら青森に行ってました。
〈テレビ映像を写させて貰いました〉
e0030924_21022722.jpg
特に好きなのが「酒よ」「雪国」「津軽平野」「酔歌」
歌を聴きいていたら冬の青森に行きたくなったな~~。



<a href="http://www.ake-ra.com/" target="_blank">あけら・風ノ居ホームページ</a>


[PR]

by akera_s | 2017-12-09 21:16 | 日々の暮らし | Comments(4)
Commented by usatyu4 at 2017-12-09 22:15
こんばんは 親しくしておられた人とのお別れが
あったのですね。 お互いにだんだんと寂しくなりますね。
吉幾三さんの上の4曲は全部好きです。
寒い地方は演歌が似合いますね。
厳しい自然があるから演歌が生まれるのかもしれませんね。
Commented by akera_s at 2017-12-10 08:44
usatyuさんへ
先日私より若い友人の突然の訃報に信じられない気持ちが強く
受け入れないでおりました。
でも彼女は前向きな方だったので友人と現実を受け入れながら
少しずつ気持ちの切り替えをしようねと話してます。

吉幾三はデビュー当時から好きで歌を聴くと青森の情景が浮かぶんです。
これから雪が降り演歌がピッタリの季節
歌を聴きながら針を動かそうと〉思ってます。

Commented by mamarinn30 at 2017-12-10 19:18
お久しぶりです、下から読ませていただいていましたが、いろんな事があったんですね。
親しい方とのお別れ、ビックリなさったことでしょうね。
私達の年になると、いつ突然の別れがあるかと怖くなりますね。

私、風邪が治りきらないうちに妹からSOSが入りしばらく留守にしてました。
二人きりの姉妹、今が大変なとき困ったときはお互い様ですが、自分の体をもてあまし気味、どれだけの力になったのか・・・
まあ、話を聞いてやるくらいの事だったかも・・・・・
義弟もなかなか抗がん剤のこれはと言う効果もなく、精神的に参っている様子何も手に付きません。
月並みな言葉で、無理をしないで、またくるからと別れましたがすぐ気になって・・・・・
こちらの本家の義姉も、次々治療を受けていますが、光りは戻らずこれまた心配の種です。
ご無沙汰ほんとうにごめんなさい、できる限りコメント入れますね。
Commented by akera_s at 2017-12-10 20:58
mamarinnさんへ
ご無理をされているのではと心配しておりました
お身体は大丈夫ですか。
大変なことが重なり心も身体も休めない状態なのでしょうが
無理してでも自分を休ませてください
お話を聞いてあげるお姉さんを妹さんはそれだけで助けられ
ご主人に温かな心で向き合えると思います。

私も友人を亡くし気持ちがふわふわ足が地に着いてません出したが
少しずつ現実を受け入れ気持ちを切り替えながらやっていこうと言う
自分になってきました。

無理しないようにしながらいつでも覗きに来てください。


<< うれしい便り      友が >>