あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 12日

千の風に・・

大好きだったお母さんが
先に待つお父さんの所に旅経っていきました。
e0030924_19464321.jpg

70歳の手習いと始めたパステル画
形で残せるものがあればと筆を手に描き続け
個展まで開き周りの人を感動させてくれました。
我が家にはミモザの絵が飾られています
そしてそれ以上の数えきれない教えと
思い出を心の中に残してくださいました。
これからは頂いた沢山のことを次の方たちに
伝えることが出来ればと思っています。
7年ぶりの再会を楽しんだ後はお二人で「千の風にのって」
好きな所へ出かけてくださいね。
AKERAにも時々遊びにお出でください楽しみに待っています。

あけら・風ノ居ホームページ
[PR]

by akera_s | 2017-03-12 20:21 | 日々の暮らし | Comments(4)
Commented by mamarinn30 at 2017-03-13 16:19
お母さんという方、立派な方だったんですね。

70の手習いから始められたパステル画、素敵、ミモザの花お花によく使いましたよ。
その方からたくさんの教えと思い出をもらわれたakeraさん羨ましいです。

きっと千の風になって来てくださることでしょう。

私も両隣のかわいがっていただいてた方が、6年前、そして2年前になくなり淋しく思っています。
そのうち一軒は売りに出され、不動産屋の看板を見るたび、うるうるきそうです。
Commented by kurumi-kyoko at 2017-03-13 17:20
ミモザの絵素敵ですね。春を迎えるこの時期にピッタリですね。何か語り掛けてくれてるみたいです。
私も何か感動する物作らないとなぁ…
Commented by akera_s at 2017-03-13 17:31
mamarinnさんへ
嫁いでから70歳まで子育てをしながら
家業〈料亭〉を盛り立てた方で
仕事をリタイヤしてからは旅を楽しみ
パステル画を手掛け前向きで輝き続けたかたです。
沢山の時間を過ごすことが出来たことは
私にとって多大な影響を与えてくれた方で
これから頂いたことを大事にしながら
日々を送りたいと思っています。
mamarinnさんには絵手紙があります
肩を労わりながら楽しんで描き続けてください。


Commented by akera_s at 2017-03-13 17:38
kurumi-kyoukoさんへ
ミモザの黄色を部屋の西に飾ると良いのではと
お父さんとお母さんが我が家の為に沢山の絵の中から
選んでくれました。
何時もお邪魔すると笑顔で優しく迎えてくれ
実家に帰ったようにホットしたものです。
kyoukoさんの洋服は皆さんからも評判です
留まることなく精進し今まで以上に素敵な洋服を作り
皆さんをおしゃれにしてください、私も忘れずにね。



<< 土手に      あれから6年 >>