2017年 02月 26日

父の

今日は父の33回忌の法要
厳しさと優しさをたっぷり注いでくれた
自慢の父でした。
そんな父に少しでも近づけたらと思いますが無理かな。
帰りに桜の蕾はまだまだ固いけど
早く春が来ればと「花見団子」買い求め
e0030924_18164533.jpg

AKERA倶楽部の珈琲タイムに皆さんと頂きました。

あけら・風ノ居ホームページ
[PR]

by akera_s | 2017-02-26 18:28 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by mamarinn30 at 2017-02-27 08:08
お父様、皆様に供養してもらわれおよろこびだったでしょうね。

やさしさときびしさ、素敵なおとうさまだったでしょうね。

私の父も23年前に、亡くなり、そして今年の秋は母の7回忌です。

時々、困ったり、辛いときには、心の中でお父ちゃん、お母ちゃんと呼ぶままりんがいます。

もうすこし、いっしょにいたかったなあ。
Commented by akera_s at 2017-02-27 09:29
mamarinnさんへ
父は賑やかに集うことが好きでしたので
キット喜んでいたと思います。
幾つになっても親ともっと一緒にいたかったと
思いますよね。


<< 道の駅を      ひなまつり展・・2 >>