2017年 01月 16日

温かさを

午後になっても雪は止まず積もり続ける中
AKERA俱楽部のYさんが雪かきをかって出てくれました。
e0030924_9384984.jpg

夫が風邪、私は肩と腰が痛く雪かきが
思うようにできなかったので助かり
そして極寒にもかかわらず
心に温かさがグングン伝わってきた
これからは若い方の声掛けを素直に受け入れながら
暮らしていければと改めて感じました。

氷柱がここまで育ち
e0030924_946929.jpg

陽の光できらきら輝いてます。

あけら・風ノ居ホームページ
[PR]

by akera_s | 2017-01-16 09:53 | 日々の暮らし | Comments(4)
Commented by usatyu4 at 2017-01-17 08:51
おはようございます。 私たちから見れば雪景色は
きれいだと思いますが、住んでいる人たちにとっては
大変な苦労ですね。私も最近五十肩で痛い思いをしています。
お互いに気持ちがよくわかります。
Commented by akera_s at 2017-01-17 09:03
usatyuさんへ
おはようございます。
雪に覚悟はしていますが
年齢がそれを拒みます。
お互い体のことは励ましあって
生きていきましょう。
Commented by mamarinn30 at 2017-01-17 11:21
左肩関節炎症のしんだんをもらったままりんには、こういう人ありがたいです。

ありがたさといっしょに心がホッコリしますね。

上手に甘えさせて頂くのも大切ですね。
Commented by akera_s at 2017-01-17 15:47
mamarinnさんへ
若い方に支えながらこの冬を何とか乗り越えて
うれしい春を迎えたいです。
時どき肩の所に石灰化したものが悪さをするのです
うまく付き合っていくしかないのでしょうね。


<< 一息ついて      降る・ふる・フル >>