あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

長い間・・・

友人Iさん宅から20数年ぶりに手元に戻ってきた
e0030924_6201777.jpg

刺し始めた頃は布や糸の購入方法もわからず
生地屋さんを歩きまわりさせる布を見つけ
友人の毛糸屋さんに飛び込んで糸を手配して貰ったときの
感動は今でも忘れることができない。
そして暖簾が仕上がりプレゼントした時
Iさんの喜んでくれた笑顔は私の刺す事へのエールでした。
e0030924_6203334.jpg

布が摩耗するまで使い続けてくれたことに感謝しながら
暖簾にご苦労様と声をかけこれからどのようにリメイクするか
それまでゆっくり休んでもらいます。
Iさん宅には新たに我が家で愛用していましたこぎんの暖簾がかけられました。

あけら・風ノ居ホームページ
[PR]

by akera_s | 2016-07-22 06:38 | こぎんざし | Comments(4)
Commented by mamarinn30 at 2016-07-22 16:17
いつかの暖簾ですね。
ここまで使って頂くと作者冥利に尽きますね。
さてさて、akeraさんの手でどんな風に変わるかたのしみです(*⌒▽⌒*)
Commented by akera_s at 2016-07-22 20:45
mamarinnさんへ
ここまで使ってもらえて作り手としては
うれしい限りでした。
何時になるかわかりませんがリメークして
もう一度輝きをと思っています。
Commented by marri at 2016-07-22 21:20 x
一度お嫁入りしても、こうして20数年ぶり(?)に帰ってきたりするのね。
眺めていると、色彩感覚の達者な人、センスの持ち主ならばこそ
そう思いました。それにしても長い事続いていますね。
貴女の性格に手先の器用さがマッチした賜物!
Commented by akera_s at 2016-07-23 06:53
marriさんへ
おはようございます。
長い事刺し続けていたからの出来事です。
marriさんのおっしゃる通りで
私にピッタリの手仕事です。
これからもできるだけ長く針を進めていきたいと思いますので
観ていて頂けたら幸いです。


<< ネジバナと野ブドウ      静かな >>