「ほっ」と。キャンペーン
2014年 06月 05日

嬉しかった昨日

昨日は奥会津の只見町から友人のKさんが友人と訪ねてきてくれました。
1年ぶりの再会で嬉しくて話がドンドン弾む。
そして裏磐梯のNさんも合流し隣の「にしのみや」さんで
ランチをしながら話は続く。
そんな中携帯の呼び出しが。
エッ~~青森のTさんだ!!!。
こぎん刺しをするにあたり沢山の方々にお世話になりましたそんな方々のお一人。
ここ何年とお会いする機会は無くいつも年賀状と作品展のDMで失礼していました。
電話口で最初の一言が
「何時もDMを有難う、なかなか作品展に行けなくてごめんなさい。
DMに載せた作品が見たいな~~。」と言ってくれました。
嬉しくて嬉しくて涙がこぼれそうでした。
e0030924_1951152.jpg

ほんの短い時間でしたが声を聞くことが出来そして作品を見たいと行って頂いた事が
私の心を熱くしてくれました。
近々青森でお会いする約束をしました。
ほんとうに嬉しいことがたくさんの1日でした。
[PR]

by akera_s | 2014-06-05 19:08 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by ageponn at 2014-06-07 12:23 x
心が疲れていたり、元気が出ない時の一番のお薬は
人との繋がりや温かな言葉なのだなぁって改めて思います。
遠くに離れていても側で見守って下さるような温かなお言葉、
私も記事を読んでほっこりしました。
Commented by akera_s at 2014-06-07 22:20
ageponnさんへ
只見からの友人はお願いしていたマタタビの篭を
届けに来てくれました。
あまりの素晴らしいできに感動しているところです。
青森のTさんは私のこぎん刺しの師匠と言わせて頂いております
田中忠三郎先生が逢わせて下さった方でこぎんを続けてやれたのも
こうした方々に支えてもらえたからだと思っています。
人とのかかわりをこれからも大事にしていかなくてはいけないと
改めて感じた1日でした。


<< 笑顔に      寒河江から >>