あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 16日

初冬の信州で・・4

4日目の8日は肌寒い小雨の朝。
Iさんご夫妻とゆっくりと朝食を頂いてから
八ヶ岳美術館へ向かう。
12月ともなれば別荘で過ごす方も少なく美術館もひっそりと
私達を迎えてくれました。
e0030924_20283181.jpg
e0030924_2028477.jpg

Iさんが以前交流のあった「菊池昇栄太と星女展」ー絵画とぜんまい手紡ぎ織りーを
見るために。
夫の昇栄太は画家 妻の星女は洋画家の林武のモデルをつとめ
子供用の帽子を製作し56歳にして染織を学び八ヶ岳の植物で草木染と織物を研究し
ぜんまい織りにたどり着いたそうです。
e0030924_20291389.jpg

星女は2001年に亡くなり昇栄太はその後、妻への思慕を込めて女性像を
描き続けて2010年に死去したそうです。
ぜんまい織りは着物や帯が20数点の作品でした。
織りの計算された縞や格子、色使いは言い表せないほどの感動でした。
昇栄太の絵は静物画と静物画に山や動物達を描きこんだものや
同心円状のモザイクを背景にした最愛の星女を描いたものでブルーがとてもきれいな
幻想的な絵が並んでいました。
ずうっとこの場所に居たい素直に思いました。
2人の人となりを知りたくて「画家 菊池昇栄太伝」を購入、毎夜少しずつ
ページを進めています。
e0030924_20292373.jpg

今もぜんまい織りが目の前をチラチラと行ったり来たりしています。
とても良い物を見させて頂きました。
              続く

昨日コカリナ工房のIさんから琉球かずらの実が届きました。
e0030924_20293278.jpg

前から育ててみたいと思っていましたので手に入りうれしいです。
来年の夏にはうまく実をならすことができれば良いな~~~。
Iさんありがとうございます。
[PR]

by akera_s | 2011-12-16 21:13 | ひとり旅 | Comments(2)
Commented by あげぽん at 2011-12-17 12:16 x
お帰りなさい。
修行の旅、いつもながら充実の内容でうらやましく思います。
>八ヶ岳美術館・・いつも寄ってみたいと思いつつ、バタバタで通り過ぎてしまいます。
「菊池昇栄太と星女展」・・素敵なご夫婦
お互いに思いやり、高めあいながら豊かにお暮らしだったんでしょうね。
>56歳にして染織を学び八ヶ岳の植物で草木染と織物を研究
本当に好きなものに出会った時、年齢の遅い、早い、正式に学んだなど関係なく、
心は揺れず打ち込んでいかれたのでしょうね・・
Commented by akera_s at 2011-12-17 20:05
あげぽんさんへ
ただいま!!!。
お陰様で今回も中身の濃い修行の旅でした。
八ヶ岳美術館は建物もすばらしいものでした。
菊池昇栄太と星女夫妻の生活、創作でお互い支えあったからこそ
なしえた絵画とぜんまい織りではないかと深く感動しました。
ぶれずに物事の立ち向かう気持ちがあればやり通せるのだと
改めて自分に言い聞かせました。


<< 初冬の信州で・・5      初冬の信州で・・3 >>