あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 10日

秋の夜の花火と裏磐梯

昨夜は郡山市三穂田町の唐傘行灯花火を見てきました。
この花火は明治時代から行われている花火で
市の重要無形文化財に指定されています。
雨ごいと豊作祈願のためにあげられます。
稲刈りが終わった田んぼで200発の打ち上げ花火や仕掛け花火
e0030924_20311847.jpg

そして唐傘花火があがります。
e0030924_20312629.jpg

今年はやれないのではと思ったそうです。
こうして例年通り花火を上げることができて本当に良かった。
花火のあかりで照らされた見に来ていた方々の顔もにこにこ笑顔でした。
〈写真がうまく写せなくてごめんなさい)


今日は裏磐梯まで。
裏磐梯アート&クラフト展を見る。
早春窯さん作品
e0030924_20461761.jpg

会場のオーナーの鉄作家清水さんの作品
e0030924_20463486.jpg

焚き火を楽しむ窯、大人の遊び道具とは贅沢ですね。
そこからIさんの所へ。
震災以来始めての訪問です、春、夏の裏磐梯を楽しめなかった私達を
庭の木々が綺麗な赤に染まって出迎えてくれました。
e0030924_204658100.jpg

ゆっくりと食事とおしゃべりを楽しんだ後は遊歩道を歩き曽原湖1周。
e0030924_20471026.jpg

秋を沢山見つけましたので明日続きをUPします。
[PR]

by akera_s | 2011-10-10 21:10 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by あげぽん at 2011-10-11 07:51 x
花火、綺麗ですね・・
各地に自粛のムードがありますが、こうゆう時だからこそ必要だと思いますし、
大切に守って行って頂きたいと思います。
>アート&クラフト展・・今、各地で開かれていますね。
私の地元でも小さなものが開かれています。
大量生産品ではない手作りの丁寧な仕事と美しさが改めて見直されているように思います。
こうゆうイベントがあると地域の活性化になると思いますし、
地元の作家さん達を知ってもらう良い機会ですよね。
Commented by akera_s at 2011-10-11 11:26
あげぽんさんへ
田んぼの真ん中で実施するのでとても庶民的で温かさを感じる
花火なんですよ。皆さんに見ていただきたいです。
これからもずうっと続けられると思いますので機会があったら
是非お出でください。
アート&クラフト展が地元に根付いてくれれば最高ですよね。
AKERA展とAKERA市もこの地に根付けばと今年から
一緒に開催することにしましたがどうなることでしょうかね。


<< 秋を見つけて裏磐梯      山形まで >>