「ほっ」と。キャンペーン
2011年 08月 04日

遠方より・・・

4年前にご縁がありました三重県のOさんが
ボランティアのなめに東北に。
e0030924_19443255.jpg

1日は宮城県でがれき撤去、2日は我が福島県の田村市で
ペットのお世話のボランティアをされ3日は南相馬市の方へ足を伸ばし
現状を自分の目で確かめたいと足を伸ばし午後に私共に顔を見せてくれました。
被災地はまだまだがれきが山積みにされていて酷い状態、南相馬から戻る時は
原発事故のためあちらこちらで道路が通行禁止の規制がされているため
地元の方でも大変ですから他県の方はかなりご苦労だったようです。

Oさんとは長野での作品展の時に出会いました。
お互い名刺交換をしただけでしたが
この震災で連絡を頂いたのです。
最初は「えっ!」とただビックリでしたがその後は感動でした。
お会いし私達の置かれている現状の話を沢山聞いて頂きました。
珈琲タイムにはAKERA倶楽部の皆さんとも色々お話をし
4時近く「来て良かった、また来ますから」とうれしい言葉と
Oさんの明るいお人柄が私達に温かな元気を残して帰られました。

思いがけない方と思いがけない状況の中で再会できましたことに
心から感謝申し上げます。
必ずまた顔を見せに出かけてきてくださいね。
[PR]

by akera_s | 2011-08-04 20:24 | 日々の暮らし | Comments(2)
Commented by marri at 2011-08-05 09:24 x
なんと言う出会いでしょう!
なんと嬉しいおはなしでしょう!。
こんな事本当に有るのですね。温まるお話でした!
そうですか。もう、5ヶ月にナロウと言うのに、ガレキですか!
先日もテレビで見ました。若い人々の動きは力強くたのもしく。
場面にお辞儀をしていた私です。貴方の気持ちよっく分かります!
頑張ってね。元気で居てよ!
Commented by akera_s at 2011-08-05 12:04
marriさんへ
出会いとはすばらしいものだと改めて思いました。
人のつながりを大事にしなければなりませんよね。

ガレキはまだまだ片付かないようでハエや蚊が大量に発生し
現地は大変なようです。
若い方の行動力はすばらしいですね。
これからまだ長い期間皆さんのお気持ちと力が欲しい状態です
どうぞよろしく応援していてください。


<< 雷雲が      窯だし >>