2010年 01月 16日

腕に

今月に入ってふと気になることが。
左の手首に私に断り無しで「こぶ」が登場です。
e0030924_14222228.jpg

e0030924_14224619.jpg

(上の写真が左の手首、下が右手の手首比べて分かりますかね。)
針の使いすぎ?かな。
友人に見せたら「ガングリオン」じゃないのかな~~~。
そうか彼女も足に出来て手術せて取り除いた事があった。
早即、昨日O整形外科へ行って診察をうけました。
レントゲンをとり「こぶ」から注射ばりを入れてゼリー状の液を。
「ガングリオン」でした。
手術するほどでもなく様子を見ることに。
ガングリオンはどうしてできるのかはっきりと
分かっていないようで、加齢から来るのかとお聞きしましたら
女性に多く20代30代の方もかかるようです。
[PR]

by akera_s | 2010-01-16 14:27 | 日々の暮らし | Comments(3)
Commented by marri at 2010-01-16 20:12 x
これこそ、早期発見ですね。

お恥ずかしいお話ですが。恥を忍んで一回だけお聞きします。
ガングリオンって、何でしょうか?初めて聞くことばです^^;;
聞くは一時の恥、よろしくお願い致します!
Commented by mamarinn at 2010-01-17 16:03 x
ガングリオン初めて聞く言葉です。
手術はしなくて良いとか、お大事に。
marriさん同様ガングリオン教えてね
Commented by akera_s at 2010-01-17 16:15
marriさん・mamarinnさんへ
私も耳慣れないガングリオンでしたが先生に診ていただき
安心した所です。
ガングリオンは悪性のものではなく袋に水が溜まって腫れてる
状態で大きくなったり小さくなったり
自然消滅したりするようです。
ただガングリオンの出来た場所によって神経などに触って
神経を圧迫したりすると痛みもあり私も手の使い方によって
痛みを生じる事があります。
今は自然消滅することを願っております。
このような説明でお分かりになったでしょうか?


<< きっかけの・・・      椿文様の花入れ >>