あけら日記

akera.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 24日

楽しみが

青森の民俗学者でもあります田中忠三郎先生が40年以上かけて
収集した刺し子の着物や古布を縫い合わせた「ぼろ」などを
11月1日から浅草の二天門前のアミューズ・ミュージアムで展示されます。
e0030924_20182221.jpg

(写真は10月22日に読売新聞に掲載されました記事です)
今まで先生の企画を何度か見せて頂きましたが素晴らしい物で
今回は長い期間なので多くの方々が目にする事が出来るのではないでしょうか。
初日に行くことが出来ないのは残念ですが
こぎん刺しの仲間をさそって是非いこうと思っています。
[PR]

by akera_s | 2009-10-24 20:34 | 日々の暮らし | Comments(4)
Commented by marri at 2009-10-25 16:54 x
チョイとお出かけ
で、浅草まで行かれますか!羨ましいです!
地方に住む人間は、何かと置いてけぼりです。
Commented by 仲茶話家 at 2009-10-27 10:15 x
「AKERA展」も無事開催されましたか?
1日遅れてしまいましたが、おめでとうございます。
私も、「AKERA展」初日に伺えなくて残念です。
実は、藍染めタオル狙ってるんですけど・・・。
Commented by akera_s at 2009-10-27 18:41
marriさんへ
浅草までなら1時間半ぐらいでいけますので都会は苦手ですが
気合をいれて行こうと思います。
Commented by akera_s at 2009-10-27 18:43
仲茶話家さんへ
AKERA展は明日から開催です。
たおる、仲茶話家さんがお出でになるまで大丈夫だと思いますよ。


<< いよいよ明日からです。      AKERA展準備 >>